肌トラブルを解決するコントロールベースの選び方

肌の印象を変える『コントロールカラー』。

肌にトラブルが少ない人は使用する機会が少ないと思いますが、
シミそばかす、クマやニキビで悩んでいる人にとっては、
肌の仕上がりを大きく変えるポイントになっています。

肌の悩みに合わせたカラー選びが重要!

スキンケアが気になる女性

でも、コントロールカラーって、
どの悩みにどのような色を使うのが
効果的かわからない人も多いと思います。

今日はコントロールカラーの基本的な色の選び方について
お話をしたいと思います。

まず色白で血色が悪く、肌がブルーベース気味な人には、
ピンク』がおススメです。

全体的に肌を健康的に見せる効果があるので、ピンクが効果的です。
色白の人は、女の子らしく見えるので、非常に可愛らしくなります。

逆にピンクで失敗しがちになるのは、肌が黒めの人。
赤黒く見えてしまい、あまりおススメできません。

ニキビ跡を隠す色は本当にグリーン?

そして頬の赤みが強い人にはグリーンがおススメです。
反対色で強い赤みを抑えてくれます。

ただし!

グリーンはニキビ跡にも効果があると紹介していることが多いですが、
私が使用してみて、グリーンは赤身の強い
ニキビ跡を隠すにはあまり良くないと思いました。

赤い部分だけ浮いてしまい、あまり上手に隠せませんでした。

そんなニキビ跡を隠すのに最適なのが、
しみやそばかすを消す効果もあるイエロー』です。
是非コントロールベースを選ぶときには参考にしてみてください♪

アンチエイジング化粧品で迷ったらココでチェック!

コメントを残す