ノンシリコンなのに合成界面活性剤が含まれているシャンプーが多い?

美髪ケアとして現在シャンプーの主流がノンシリコンに偏っています。
これだけノンシリコンブームが続いているけど、
実際にノンシリコンシャンプーが何だか
良くわかっていない人も多くいます。

合成界面活性剤が含まれている!?

ボディケア

そこで今日は、ノンシリコンの注意点について
ちょっとお話をしたいと思います。

実はノンシリコンシャンプーって、
ジメチコンやシクロメチコンといった
シリコン系の成分を使っていないだけであり、
『合成界面活性剤が完全に使われていない』とは限らないんです。

シリコンよりももっと頭皮に悪いと、昔から言われている
ラウレス硫酸やラウリル硫酸が入っている
ノンシリコンシャンプーもあるくらいです。

こういうシャンプーがあると知らずに、
ただノンシリコンだと思ってシャンプーを選んでいる人もいます。

安価なラウレス硫酸やラウリル硫酸も

最近は、美容雑誌も結構辛口な特集を組み、
『本当に良いノンシリコン』と『ダメなノンシリコン』の
比較をしています。

私が見た雑誌でも、ノンシリコンが売りなのに、
硫酸系の成分ががっつり入ったシャンプーが実はあったり、
よく見ないとダメだな~と思いました。

ラウレス硫酸やラウリル硫酸が必ず悪いわけではありませんが、
やはりノンシリコンを使うのであれば、
徹底して合成界面活性剤フリーを貫かないと意味がないと思います。

アンチエイジング化粧品で迷ったらココでチェック!

コメントを残す