メイクの垢抜け感UP!リップとチークの色の組み合わせ!

チークとリップの色の組み合わせは、非常に悩み所だと思います。
ピンクのチークを使いたいけど、リップはどんな色だったら合うのか、
すごく気になてしまいますよね。

色の濃さを調整するのがポイント

ファンデーションなどの化粧品

基本的には、リップとチークの色はどっちかを濃く、
どっちかを薄くすることが大事です。

真っ赤なリップに真っ赤なルージュ。
どっちも強烈な赤さが目立ってしまうと、
さすがに悪目立ちしてしまいます。

やはり上品にまとめるためには、
チークかリップのどっちかを薄くする必要があります。

その時に、どっちを濃くしたいかは、
自分の顔をよく見て決めてみると良いと思います。

唇に自信がある人は、リップの色を濃くして魅せるのも良いですし、
頬の部分を魅せたい人は、チークに濃いめの色を
乗せると良いと思います。

どっちかを抑えることによって、
リップとチークの組み合わせが非常に効果的になります。

顔のメリハリを生むメイクの足し算・引き算

メイクは全てを強く出すのではなく、
足し算や引き算みたいなものと言われています。

自分に自信がない部分は、厚塗りになってしまったり、
足し過ぎになってしまうことがあります。

しかし、メイクは全体的なバランスを見て、
色の濃さを調整したり、引き算が出来るようになってくると、
非常に顔にメリハリが出てきます。

メイクをする時には、一部だけを見るのではなく、
全体のバランスを見ながら、色をのせていきましょう。

アンチエイジング化粧品で迷ったらココでチェック!

コメントを残す