うる落ち水シリーズで有名なビフェスタの『ミルキィリキッド』

ビフェスタといったら、もう定番のうる落ち水クレンジングですが、
ローションタイプ以外にも、ミルキィリキッドが出ていると知り、
早速購入してみました。

オイルとミルクの悪い所ばっかり

肌が気になる女性
オイルとミルククレンジングの良いとこどりなんて書いてあったので、
「これは試さないと!」って思いました。
でもね・・・もうこれ、最初に言っちゃうけど、
全然良くなかった・・・です。

一言でいうと、オイルとミルクの悪い所ばっかり集めたような、
中途半端なクレンジングだな~と思いました。
私は基本、クレンジングはジェルかミルクを使っています。

乳化をさせてやさしく浮き上がらせるタイプが好みです。
オイルは角栓が詰まり気味になっていたり、
ちょっとさっぱりしたい時に使っています。

テクスチャーは完全にオイル

でも、ミルキィリキッドは、オイルのしっかり汚れを落とせる
洗浄力が完全に損なわれ、じゃあミルクのように乳化するのかっていうと、
若干ミルクのような色が混じっているだけで、
テクスチャーは完全にオイルっていう・・・。

さらに洗い上がりは、なんとも言えないぬるっとした感触が残るので、
すっごい何度も洗い流さないと、ニキビが出来やすい人は危険ですよ~!

結論は、洗浄力の弱いオイルクレンジングっていう感じです。
やっぱり人気のローションタイプ買えば良かったと、激しく後悔です。

アンチエイジング化粧品で迷ったらココでチェック!

コメントを残す