ニベアの『青缶』VS『ソフトタイプ』 どっちが自分に合っている?

高級クリームのドゥラメールよりも効果があると言われ、
今や大人気になったニベア

青缶とソフトタイプの違いは?

コスメ
でもニベアには『青缶』と、
青缶よりも柔らかいテクスチャーの『ソフトタイプ』があります。

どっちもあんまり変わらないだろうと思っていましたが、
これが実際に使ってみると、かなり違いがありました。

まず、水分をしっかりと蓋するという意味では、
やはり青缶の方がしっかりと潤いを閉じ込めてくれます。

そして、べたつきが嫌な人にとっては、
水のようにするすると滑らかに伸びるソフトタイプの方が、
使いやすいと思います。

アラサー世代には『青缶』!

結論からいうと、脂性肌でベタベタ感が嫌いな人
それほど濃厚な保湿を必要としない10代などの若い人向けには
ソフトの方が合っていると思います。

ただし、アラサー世代で、保湿が重要になってくる年齢になると、
ソフトタイプでは満足出来なくなってきます。

特に青缶は、リキッドファンデを使っている人の場合、
下地としても非常に優秀です。

ポリマーが入っているため、毛穴がつるんとします。
ソフトタイプの方が、乾燥してしまい、
化粧下地として使用するには、ちょっと難しいかなって思いました。

アンチエイジング世代であれば、青缶の方が間違いないと思います!
ソフトは夏場限定だったらいいかなって思いました。

青缶とソフトタイプで悩んでいる人の参考になればと思います!

アンチエイジング化粧品で迷ったらココでチェック!

コメントを残す