つけま、囲み目、派手ラメ!就活NGメイク!

ここ数年、美容の世界でも『就活メイク』という言葉を
よく聞くようになりました。

『自己満足メイク』から『マナーとしてのメイク』へ

メイクする女性
そう、女性にとっては、メイクって就職活動の面接でも
非常に重要になるポイントです。

受付嬢、ファッション&美容業界、接客業などは、
メイクをしっかりとチェックされる傾向があります。

そのため、学生時代の『自己満足メイク』ではなく、
『マナーとしてのメイク』を覚えないと行けません。

つけまつげや囲み目
デカ目効果があると言われているような、
こういうメイク方法は、会社で働く人のメイクとしては、
厳しい目で見られます。

「会社でウケるメイクって、どんなメイク?」と
考えてしまう人もいると思います。

派手なメイクも社風によってはOKなことも

まず、一番重要なことは、社風を考えることだと思います。
「会社でラメ入りなんてダメだよ~」って、言う人もいますが、
業種によってはラメ入りだってOKな職場があります。

アパレル関係なら、銀行員のようなシンプルなメイクでは、
逆に地味すぎて華がありません。

逆に銀行などの堅い職種では、
勿論ラメは敬遠されるので控えるべきだと思います。

メイクも事前に社風研究が必要です。
自分が受ける業界がどのようなメイクだったらOKなので、
しっかりと勉強しておきましょう。

ただし、いくらラメがOKな社風だとしても、
就活中にラメを使う場合は、あんまりにも派手な物は
避けた方がやはり無難だと思います。

アンチエイジング化粧品で迷ったらココでチェック!

コメントを残す